菊池養生園の理念・基本方針

菊池養生園の理念


菊池養生園は、「いのち」を守るという視点に立ち、地域に生活する人々の健やかな生活の支援を行うと
同時に、地球の環境を守り、次の世代に明るい未来を残すための活動に取り組みます。

菊池養生園の基本方針

理念に基づき、以下の基本方針を守り、実行します。
  
健やかな人生を送り、天寿を全うできるための支援を行います。  
食・農・医の連携に基づいた、健康の増進、病気の予防に努めます。
予防医学の普及に努めます。そのための様々な情報を発信します。     
診断・治療の精度を高め、受診者の要望にあった方策の実施に努めます。   
地域における保健・医療・福祉の連携をはかります。
外来および健診等受診者の満足度を高めることに努めます。
東洋医学の融合をはじめとした統合医療を推進し、全人的医療に努めます。
地球規模の環境を守るための活動を積極的にすすめます。
次の世代の「いのち」を守るという視点からの活動を行います。
健全経営の維持に努力します。
職員は絶えず自己研鑽し、全体方針に沿って自ら設定した目標の達成に努めます。

菊池養生園の沿革


昭和26年4月 泗水町外15ヶ町村伝染病院
昭和27年7月 泗水町外15ヶ町組合診療所「菊池荘」を併設 病床43床
昭和36年9月 菊池共立病院と改称し、結核病床を36床増設
昭和37年4月 レントゲン車を購入 結核健診業務を開始
昭和49年3月 病院業務を廃止
昭和50年4月 菊池市外五ヶ町村保健衛生組合 公立菊池養生園診療所開設
昭和54年4月 診療棟 健康管理センター等を設置
昭和63年11月 政府管掌健康保険医療機関に認定
平成4年4月 菊池広域保健センターを設置
平成10年7月 菊池葬斎場 菊池広域連合へ移管
平成11年4月 菊池養生園保健組合に名称変更

個人情報保護方針


菊池養生園の個人情報保護方針について